ミュゼ未成年

ミュゼは未成年でも契約できるの?

最近は脱毛を受ける年代がどんどん低年齢化しています。
それだけ光脱毛の技術が進歩して安全性が高まったことと料金が安くなったからです。

 

では未成年の場合はどうでしょうか。
ミュゼでは未成年の場合には親権者の同意書があれば脱毛できます。
初回に親権者と同伴して、署名捺印すれば脱毛できますが、もしそのときに親権者が同伴できなければ同意書を持ち帰り、親権者に直筆のサインをしてもらい、それをまたサロンに持っていくという流れです。

 

その理由として女性の場合は特に、ホルモンバランスが大きく関係しています。
思春期に入る、ちょうど初潮を迎える時期の少女の体は特にデリケートです。
その時期からホルモンバランスが安定するまではデリケートな時期が続きます。

 

ホルモンと毛周期というのは密接な関係があります。
脱毛が毛周期に合わせて行う以上、ホルモンバランスが安定してからの方が脱毛効果がより高まります。
せっかく脱毛を行うのなら、確実に効果が出る形で施術したいというミュゼの考え方です。

 

そのため、少女から大人の女性の体になる思春期というのは、脱毛も慎重に行います。
妊娠中や授乳期の大人の女性には脱毛をしませんが、思春期の女性に対しても同じように体を大切に考えているからです。

 

ミュゼには一般の方には両脇通い放題というキャンペーンがありますが、16歳未満の場合は回数が6回までという制限があります。
脱毛の効果を見ながら慎重に行うというスタンスです。
なぜ16歳かというのは、生理周期が安定するのがその頃という考え方です。

 

それ以外には親権者の同意書を必要とする理由は、契約上のトラブルを避けるという意味もあります。

 

それらの内容を熟知した上での脱毛にはメリットがたくさんあります。
若いころに脱毛を済ませておけば自己処理による肌トラブルもありませんので、若くてデリケートなお肌を美しいまま保つことができます。

 

若い時期こそレジャーやスポーツ、スイミングなどの習い事で肌を出す機会が多いので、ムダ毛による精神的なストレスも感じなくてすみます。
ぜひご家族でよく話し合ってみてください。

 

 

詳細はここから
ミュゼプラチナム

 

 

 

脱毛サロン東京人気おすすめエステランキング最新版はここから